インドのジェネリック

girl boring

アスタリンインヘラーはインドの製薬会社であるシプラ社が製造している吸入薬です。主に気管支喘息や気管支炎を患っている人が発作を起こした時に使用しています。アスタリンインヘラーはサルブタモールを有効成分とした治療薬です。サルブタモールには気管支を拡張させる作用があり、発作を起こした時に吸入することで呼吸を楽にします。同じようにサルブタモールを有効成分とする治療薬にはサルタノールがあります。サルタノールはグラクソスミスクライン社が製造している治療薬です。つまり、アスタリンインヘラーはサルタノールのジェネリック薬なのです。費用負担が軽減されることもあって、アスタリンインヘラーを選ぶ患者は増えています。

アスタリンインヘラーに限らず、医薬品業界では様々なジェネリック薬が製造されています。ジェネリック薬は開発コストが必要ないので、先発薬に比べると低価格で購入できるのは患者にとって大きなメリットです。医療機関で処方箋を出してもらって購入することもできますが、受診する手間や時間がもったいないと考える人は少なくありません。また、輸入代行業者などを利用した場合に比べると料金が高くなるという面もあります。インターネット環境が充実している今の時代では、輸入代行業者も気軽に利用できるので通信販売でアスタリンインヘラーを購入する人が多くなっています。業者によっては様々な特典がついてくることもありますし、この傾向は今後も続くことが予想されます。